なぜサロンに行く前に毛の構造を知る必要があるの?

今女性に話題の全身脱毛。

 

毎日のムダ毛処理が面倒。

 

必要なくなると、今人気沸騰中の美しくなるプロの術。

 

でも、人気集中の光脱毛ですがそれ以前にみんなは体に生えている体の毛がどんな仕組みでどんな構造で知ってる?

 

脱毛のお店に行く前にまず毛の仕組みを説明できるのはすごく大切です。

 

そのことをわかっていると脱毛サロンに行くとき不安なことも簡単に絞れます。

 

とは言いますが自分に生えてる毛がどういうものなのか知っててサロンを選んでいる人はそれほどいないと思います。

 

そのようなわけで今からみんなにある毛について話しましょう。

 

 

毛根のパーツについて

まず、毛の作りについてまとめました。

 

これを読んでいるあなたを悩ませてるムダ毛お肌からところを毛幹見えてないとこを「毛根」と言っております。

 

もっと深く毛根の根元毛根部のふくらんでいるところを「毛球」と名付けられており先っぽには「毛乳頭」と呼ぶ箇所があります。

 

さらにその奥この部分には毛細血管があって栄養を吸い上げて体毛を長くする役を持っているんです。

 

だから、体毛が長くなるには毛の中でも根っこ、もっと言うと一番深いところにある毛乳頭と呼ばれる

 

毛球の先っぽにある部分が重要な役割を果たしているのです。

 

そのため、剃刀をつかって見える毛を剃っても、毛乳頭のところがあると元に戻ってします。

 

剃り残ってしまう毛乳頭のパーツは「毛母細胞」が作り出しています。

 

そのため、毛抜きを使った毛を抜き、毛乳頭を除去したとしても毛母細胞と呼ばれるところが

 

そのまま残っていると毛乳頭ができてしまい、そこの部分からまたしても体毛が生えてしまうのです。

 

 

毛が生えるメカニズムは?成長スピードはどのくらい?

体毛は生える、抜けるすこし休息してまた長くなるというようにというように巡り巡っています。

 

体毛が長くなる時期には血管を伝って毛乳頭のパーツにまで栄養分が運んでこられて毛母細胞と呼ばれるところまで来ます。

 

それで毛母細胞の細胞が活発になり毛球ができあがります。

 

以上のような流れで止むことなく毛母細胞ががんがんに分裂をしてついには毛になってお肌の外の見える所までしっかり長くなってしまうのです。

 

丁寧に言うと体毛が長くなる速さは毛が生えている身体のパーツによって違います。

 

頭部の毛、つまり毛髪は早く成長し24時間で0.3ミリくらい伸びます。

 

さらに言うと脇の毛も案外早く伸びてきて1日で0.3mmも成長するのです。

 

他の部分で言うと眉やまつ毛はゆっくりと長くなって1日に0.18mmです。

 

説明したように一緒くたに毛というもののその長くなる速さは全然異なります。

 

 

毛周期ってどんなもの?

今度は先ほどご紹介した体毛の周期を少し深くお話しましょう。

 

先ほどのところで生える、抜ける、生えたりをぐるぐる繰り返していると言いました。

 

さらに実は体の毛には休む時期、成長する時期、退行する時期という生え変わるための3種の時期が存在するのです。

 

休止期の毛は皮膚の奥のとこの次に生えようとする体毛が生えるための休みを取る時期です。

 

成長期で必要な栄養を得ながらぐいぐいと成長し、退行期になると毛と毛乳頭が離れちゃって離れて落ちる時期です。

 

こういうわけで、伸びているときの毛を抜いても皮膚の下にある見えない部分にはこれから伸びる毛が存在しています。

 

そういうわけでがんばって毛を抜いた!と思ってもすぐに次の毛が生えてしまいます。

 

さらにいうと、肌の表に出ているのは全部の30%くらいでしかです。

 

それに!その毛周期は生えている部分でそれぞれ違います。

 

毛で群を抜いて抜けるまでの毛周期が長くなっているのは頭の髪の毛で

 

成長期が3〜4年間続いた後退行する時期に何もしなくても抜け落ちていきます。

 

それに!頭髪の場合では、約50本ほどが1日で落ちちゃうようです。

 

その上体と顔で比較するとフェイスの毛周期の方が抜けるまでの間がないようです。

 

顔の毛はほとんどが2カ月程度で体にある毛はその多くの毛周期が4カ月くらいなんだ。

 

以上のような理由で、顔と体の毛を一時にケアしてもフェイス部分に生えている毛がすぐに伸びます。

 

 

毛の役割って?

私たちはムダ毛と呼んでいますが実は、そのムダ毛にもちゃんとした役目があります。

 

次は役目について話しましょう。

 

我々の毛は1.皮膚の保護機能2.保温・断熱機能3.感覚機能4.紫外線防止機能といった4つの役目があります。

 

まず、皮膚の保護機能
危険物から守る目的のことをいいます。

 

具体的に毛髪は頭を守り、脇は腋毛がこすれちゃうのを防いでくれる指します。

 

次に、保温・断熱機能です。
寒い空気から身を守ってくれ、さらに強い日光が当たる時は熱や光を防ぐ防御してくれます。

 

さらに、感覚機能です。
実は、ごくわずかではありますが、感覚は毛にも存在しています。

 

剃毛すると感じる機能がわずかではありますが弱くなるという報告もされています。

 

最後に、紫外線防止機能です。
体の毛は日光から降り注ぐ紫外線を直接浴びないようにするための役割を持っています。

 

これらのように、ムダ毛とは言っていてもちゃーんと理由があるんだよ。

 

 

知識を持ってサロン選びを

ここまで体毛について少しまとめてみました。

 

毛ってどんなものなにか仕組みについてお分かりいただけたでしょうか?

 

毛の仕組みが分かれば、光脱毛がどのようなものでどのくらい通うべきかわかってきます。

 

脱毛サロンを選ぶときにきちん役立つこと間違いありませんよ。

関連ページ

ワキ脱毛は注意が必要
脱毛サロンで脱毛を考えている9割の方がワキ脱毛を希望しています。そこでワキ脱毛をする時の注意点をご紹介していきます。参考にしてください。
エステとクリニックの脱毛の違い
エステとクリニックの脱毛の違いについて説明します。脱毛店には大きく分けてエステ脱毛とクリニック脱毛があります。この二つの違いと特徴についてご紹介します。
お家で脱毛するよりサロンが効く!
お家で脱毛するよりサロンが効く!ムダ毛の自己処理が面倒で、脱毛サロンに通おうかお悩みの方は、こちらでメリット・デメリットを確認してみてはどうでしょうか?脱毛サロンと自己処理を徹底比較しています。是非参考にしてください。
脱毛サロンに長期間通わなければいけないその訳とは?
脱毛サロンに長期間通わなければいけないその訳とは?脱毛サロンの全身脱毛はどうして長期間通わなければいけない理由は、毛周期が関係しています。一度で終了するなんて事はありません。最低でも2年間は脱毛サロンに通わなければいけないのです。